万倉駅跡 まぐらえきあと
船木鉄道の足跡
万倉駅跡(船木鉄道)
万倉の町は現在は宇部市楠地区の一集落となっていますが、昭和30年までは厚狭郡万倉村の中心部だったところで、駅開業からの3年間と、昭和19年の当駅−吉部駅間の営業休止後、昭和36年に鉄道が廃止となるまでは当駅が終点駅となっていました。また、左の写真は旧駅前通りから見た旧駅跡地の様子で、旧駅跡地は前後の廃線跡とともに道路に転用されています。
平成22年7月20日撮影
万倉駅跡(船木鉄道)
道路となった旧駅跡地と、万倉バス停。跡地部分だけ道路の幅が広くなっています。
平成22年7月20日撮影
「なにそれ」 >> 故郷 山口の駅舎 >> 万倉付近の廃線跡