長門峡駅

ちょうもんきょう
JR西日本 山口線
山口県山口市

長門峡駅
駅舎 H25(2013).9.17
【分類】 旅客駅
【考察】 大正11年に仮停車場として設置され、昭和3年に駅に昇格。
現在の駅舎は昭和50年代頃に建てられたもので、以前の旧駅舎は木造
駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 長門峡駅
「なにそれ」 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山口市阿東地区(旧・阿武郡阿東町)にある駅。
阿武川が形成する渓谷・長門峡の下車駅で、特に紅葉のシーズンには多くの行楽客が訪れます。
長門峡駅
ホームと駅名表 H25(2013).9.17
長門峡駅
駅舎 H7(2013).秋頃