大道駅

だいどう
JR西日本 山陽本線
山口県防府市

大道駅
橋上駅舎北口 H25(2013).9.27
【分類】 旅客駅
【考察】 駅は明治33年に開業。
初代(と思われる)駅舎は木造駅舎で、現在の駅北口に建っていたが、
蟻害により昭和28年にブロック造りの駅舎に改築。
現在の橋上駅舎は、駅裏手への私立高校の移転を機に平成16年に改築
されたもの。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 大道駅
「なにそれ」 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
防府市の郊外にある駅。駅前には商店や民家が建ち並んでいるほか、近隣には高校や短期大学があります。
なお、駅名は明治22年から昭和30年まで存在した吉敷郡大道村に由来していますが、大字名にはさらに古い村名である「台道」の表記が残っており、駅名・地区名と住所の表記が異なる状態となっています。
大道駅
橋上駅舎南口 H25(2013).9.27
大道駅
旧駅舎 H12(2000).12.31
大道駅
旧駅舎 H6(1994).10.30