防府駅

ほうふ
JR西日本 山陽本線
山口県防府市

防府駅
駅北口(てんじん口) H26(2014).5.23
【分類】 旅客駅
【考察】 明治31年に「三田尻」駅として開業し、昭和37年に現在の駅名に改称。
現在の高架駅は平成6年に完成。それ以前はコンクリート造りの駅舎が
駅北口に建っており、さらに前の駅舎は木造駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 防府駅
「なにそれ」 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
防府市の玄関駅。駅の北東方には防府天満宮の鳥居前町で西国街道の宿場町としても栄えてきた宮市の町が、南東方には古くから港町として栄えてきた三田尻の町が広がっていますが、現在はそれらが一体化して防府市の中心市街地となっており、商業施設やビル、住宅などが建ち並んでいます。
また、かつて当駅では防石鉄道が接続しており、佐波川上流部の堀の町(現在の山口市徳地地区の中心部)との間を結んでいましたが、防石鉄道は昭和39年に廃止となっています。
防府駅
駅南口(みなと口) H26(2014).5.23
防府駅
旧駅舎改札口と現在の高架駅 H6(1994).6頃
防府駅
旧駅ホームと現在の高架駅 H6(1994).6頃