居能駅

いのう
JR西日本 宇部線
山口県宇部市

居能駅
駅舎 H22(2010).7.20
【分類】 旅客駅
【考察】 昭和4年に停留場として設置され、昭和18年に駅に昇格。
現在の駅舎は昭和31年に建てられたもの。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 居能駅
「なにそれ」 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
宇部市の郊外にある駅。駅前には住宅や商店が建ち並んでいます。
当駅は現在の小野田線の前身の一つである私鉄の停留場を起源としており、後に小野田線の駅となりましたが、当駅の西側に設置されていた宇部線の藤曲駅が廃止となり、当駅を経由するルートに改められたため、当駅で宇部線と小野田線が分岐する現在の形となりました。また、一時期はみどりの窓口が設置されたこともありましたが、現在は無人駅となっています。
居能駅
駅舎内部 H29(2017).7.17
居能駅
ホームと駅構内 H29(2017).7.17
居能駅
駅舎 H6(1994).5.4