厚東駅

ことう
JR西日本 山陽本線
山口県宇部市

厚東駅
駅舎 H25(2013).7.11
【分類】 旅客駅
【考察】 明治33年に「船木」駅として開業し、大正5年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和47年に建てられたもので、以前の旧駅舎は木造駅舎
だった。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 厚東駅
「なにそれ」 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
宇部市の山間部にある駅。周囲は農村地帯で、駅前には民家や商店が建ち並んでいます。
当駅は当時の厚狭郡厚東村に開業し、駅名は山一つ隔てた西方に広がる船木の町(現在の宇部市楠地区の中心部)の名を称していましたが、その後村名に合わせて駅名が改称されています。
厚東駅
駅舎内部 H25(2013).7.11
厚東駅
ホーム側から見た駅舎 H30(2018).11.7
厚東駅
駅舎 H7(1995).1.2