長門市駅

ながとし
JR西日本 山陰本線
山口県下関市

長門市駅
駅舎正面 平成25年7月11日撮影
長門市の玄関駅。駅の周囲には商業施設や住宅、病院などが建ち並んでいます。また、美祢線と仙崎支線の接続駅ともなっており、一部の美祢線の列車は仙崎支線に直通しているほか、駅構内には車両基地も設けられています。なお、当駅は開業当時の大津郡深川村(ふかわ:後に町制)に設けられ、駅名には深川村の中心部にあった市場町・正明市の名前が採用されましたが、昭和29年の合併により長門市が成立したため、後の昭和37年に駅名を市名に合わせて改称しています。
【分類】 旅客駅
【考察】 駅は大正13年に「正明市(しょうみょういち)」駅として開業し、昭和37年に現在の駅名に改称。現在の駅舎は昭和33年に建てられたもの。
「なにそれ」HOME >> 故郷 山口県の駅舎 >> 長門市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
長門市駅
駅構内にある車両基地 平成24年12月29日撮影

長門市駅
平成8年当時の駅舎 平成8年8月13日撮影