■仁保駅 にほえき JR西日本山口線 山口県

山口市の郊外にある駅。
線路は地形の高低差を克服するために勾配を登り続け、駅は宮野地区と仁保地区の境界を成す峠の上にあります。

駅舎はなく、駅前の跨線橋を降りるとホームがあります。
平成22年1月19日撮影

平成11年当時の駅入り口の様子。
旧駅舎は既に解体されていますが、木造のトイレが残っていました。
平成11年10月10日撮影

平成7年当時の駅舎。
既に駅舎は閉鎖され、一部を改造して切符の簡易委託販売窓口が設けられていましたが、この窓口も板で塞がれていました。

●資料や地元の方の話によると、駅舎とホームが離れているため、一度木造駅舎を放棄しホーム上に駅事務室を移転。その後、駅の無人化に伴いホーム上の事務室を撤去。切符の簡易委託販売をするにあたり、旧駅舎の一部を改造して窓口を設けたようです。
平成7年3月14日撮影
<Back <<Top page