■新山口駅 しんやまぐちえき JR西日本山陽本線 山口県

[在来線口駅舎→]
山口市小郡地区の玄関駅であると同時に、山口県中央部の玄関駅という重要な役割を担い、山口線、宇部線が接続するほか、県内各方面へのバスが発着します。

橋上駅舎への建て替えのため、駅舎は東側の一部を仮駅舎として残しつつ、大部分は解体されることになりました。
平成24年1月3日撮影

山口市との合併を拒み、頑なに町の名を名乗っていた駅でしたが、平成15年10月、ついに駅名が「小郡」から「新山口」に改称され、同時に新幹線「のぞみ」の一部が停車するようになりました。

撮影当時の駅所在地名は吉敷郡小郡町でしたが、この約一年後、小郡町は新設合併により山口市の一部となりました。
平成16年8月21日撮影

[新幹線口駅舎→]
ローカルバスは在来線口発着、中・長距離バスは新幹線口発着となっていますが、在来線口駅舎の橋上化とロータリーの整備が完了すると、バスターミナルは北口に統合される予定だそうです。
平成17年1月30日撮影
<Back <<Top page