■養老渓谷駅 ようろうけいこくえき 小湊鉄道 千葉県

市原市の最奥部にある駅。
近くには駅名の由来となった養老渓谷や温泉があります。
駅舎は観光地の玄関に相応しい、おしゃれな木造駅舎です。

ホーム側から見た駅舎。
構内には、使われなくなった島式ホームが残されており、花壇として利用されています。
平成21年7月30日撮影

平成15年当時の駅舎。
休日の朝一番の列車で訪れたので、とても静かでした。
平成15年10月13日撮影
<Back <<Top page